丘珠公園にタッピーがいっぱい!水遊びやテニスができる[札幌市東区]

丘珠公園 公園
丘珠公園
当サイトは記事内に広告が含まれています。

丘珠公園は、札幌市東区北37条東30丁目3にある公園です。交通量の多い丘珠空港通りのすぐそばですし、緑が生い茂っているので公園を見落としてしまいますね。この記事では、東区にある丘珠公園で水遊びができる、遊具、設備、アクセスなどについて紹介していきます。

丘珠公園の基本情報

住所札幌市東区北37条東30丁目3
設備等トイレあり、自販機なし、テニスコートあり
水飲み場あり
駐車場なし
最寄り駅札幌市営地下鉄東豊線「環状通東駅」から市営バスで東79北札苗線に乗車「北37条東29」で下車徒歩2分

札幌市営地下鉄東豊線「環状通東駅」より車で6分

丘珠公園で水遊びできる!

丘珠公園には、水遊びができる游水路があります。丘珠空港通りに面した公園入口から園内に入ると、丸くでこぼこした形が現れます。

okadama-mizuasobi

丘珠公園で水遊びできる

ちょっと変わった(縁が立ち上がった)形をしていますが、この円形が水遊び場です。

丘珠公園游水路

丘珠公園游水路

開放期間:7月8日~8月21日
開放時間:午前10時~午後4時まで
清掃:月・金曜日の午前中、月曜日が祝日の場合は火曜日

水遊び場は浅い作りなので、小さな子どもでも遊ぶことができます。(2023.4.21時点)

案内板に開放期間の張り紙がされていますが、変更になる場合がありますので、公式サイトでご確認下さい。→予定を確認する(公式サイト)

丘珠公園には東区マスコットのタッピーがたくさん

丘珠公園には、東区のマスコットキャラクター・タッピーが描かれたタイルがいくつもあります。

丘珠公園タッピー

丘珠公園タッピー

公園の正面入り口から奥に向かってタイルが敷き詰められていました。

タッピーとは

札幌市東区のマスコットキャラクターで、農産物・タマネギの妖精。

東区の公園や橋など、いろんなところでタッピーのイラストを見ることできるので、お出かけしたときに探してみるのもいいですね。

東区丘珠公園を利用した口コ三「遊具の他に野球もできる」

丘珠公園はコンビ遊具が1つあります。

丘珠公園のコンビ遊具

丘珠公園のコンビ遊具

すべり台を中心に、スカイロープ(ターザンロープ)、ジャングルジムなどが配置されています。

丘珠公園スカイロープ

丘珠公園のスカイロープ

丘珠公園アスレチック

丘珠公園アスレチック

丘珠公園のジャングルジム

丘珠公園のジャングルジム

丘珠公園の遊具

丘珠公園の遊具

コンビ遊具の右側にはブランコがあります。

丘珠公園のブランコ

丘珠公園のブランコ

こちらのブランコは、小さい子向けではなく、どちらかというと大きい子向けの遊具です。

丘珠公園の砂場

丘珠公園の砂場

コンパクトな砂場もあります。砂場の奥の方には、ちょっとした広場もあり、この広場はゲートボール場です。公園を訪れた時期は、天気が良いとはいえまだまだ肌寒い日でしたので、暖かく4月以降暖かくなるころには利用している様子が見れるでしょう。

丘珠公園広場

丘珠公園広場

タイミングによっては、公園の近くを飛行機が飛んでいくのが見えます。訪れた時は運よく、上空を飛んでいく飛行機(JAL)を見ることができました。

丘珠公園にはテニスコートが1面ある

丘珠公園には、フェンスに囲まれたテニスコートが1面あります。
自由に利用することができます。

丘珠公園テニスコート

丘珠公園のテニスコート

丘珠公園には野球場もある

丘珠公園の野球場

丘珠公園の野球場

丘珠公園には、野球場があります。休日になると、少年野球の練習をしている風景をよく見かけます。

丘珠公園トイレ

丘珠公園設備

okadamakouen-toire

丘珠公園で花見

丘珠公園には何本か桜の木が植えられています。丘珠公園を訪れた際は、まだ開花していませんでした。

丘珠公園花見

丘珠公園で花見ができる

ピンク色のつぼみがぎっしりと枝についていましたので、桜が満開になったときには非常に綺麗でしょうね。

丘珠公園の感想

交通量が結構ある丘珠空港通り沿いにある丘珠公園。遊具がそこそこ充実していますし、水遊びもできる場所もしっかりあるので、暑い時期は行きやすい公園だと思います。

ただ残念なのは、駐車場がないという点ですね。丘珠公園を利用される場合、徒歩、またはバスを利用することをお勧めします。(2023.4.21時点)

関連記事

丘珠公園の近くにある公園をいくつか紹介します。

飛行機に乗れる⁉丘珠緑地公園(西側)

雁穂(かりほ)公園で水遊び

東苗穂レインボー公園「住宅街にあって気軽に遊べる場所」(札幌市東区)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました